どちらも身体にいい藻です|ドロドロ血の嫌悪感から脱却を果たす|血流を良くするサプリは心強い

ドロドロ血の嫌悪感から脱却を果たす|血流を良くするサプリは心強い

ウーマン

どちらも身体にいい藻です

栄養補助食品

栄養素は互角

ユーグレナは、いわゆるミドリムシのことです。動物としての性質と植物としての性質をともに持っていて、その両面性は栄養素にも表れています。同じく栄養価の高い微細藻類のスピルリナも、ユーグレナと成分的には互角といわれています。どちらを摂取した場合でも、細胞壁がないので非常に消化しやすく、豊富な栄養素を無駄にしません。ほぼ互角のユーグレナとスピルリナですが、それぞれの栄養素の含有量にはいくらか違いが見られます。DHAとEPAはユーグレナの方にのみ存在していますが、一方葉酸やパントテン酸などが欲しいならスピルリナの方が適しています。特有成分のフィコシアニンやパラミロン以外にも、特徴があることが分かります。

値段で選ぶなら

一部の栄養素を重視するなら、その成分の含有量で判断すればいいものの、価格面で選ぶとしたらどちらかがいいのかということも気になる要素です。スピルリナが昔から体にいい食料としてスープの材料などにしていたのに対し、ユーグレナが食用として培養されることになったのは2000年代の半ばからです。大量に培養することが難しいので、どうしても価格は高めになりがちです。サプリメントや健康食品は短期間だけ摂取して終わりではなく、長期間の継続で体を良くしていく目的で利用されます。そのため、継続性の維持のためにも価格を重視して選ぶのは普通のことです。健康を守るために手ごろな値段の方がいいなら、現時点ではスピルリナでしょう。ただ、これからユーグレナが低価格化することもあるかもしれません。